噴霧熱分解装置、加熱装置、分析装置、研究開発用設備、原子力・半導体関連装置、計測装置等の開発・設計・製造・販売、オーエヌ総合電機株式会社

オーエヌ総合電機株式会社
分析装置、研究開発用設備、原子力・半導体関連装置、計測装置等の開発・設計・製造・販売、オーエヌ総合電機株式会社
 
COD自動分析計
 
 
COD自動分析計
河川、工場排水等の汚濁指標である化学的酸素要求量(ChemicalOxygenDemand)の連続自動測定装置です。水処理の管理、制御、陸水環境の管理、水質の総量規制に最適です。
COD自動分析計
測定原理と工程
本装置は“JIS-K0102工場排水試験方法”に準拠して自動化したものです。測定開始時刻になると(あらかじめ各種設定、オートモード運転の場合)、試料水、希釈水、試薬(銀無添加では硫酸、過マンガン酸カリウム、銀添加では硝酸銀、硫酸、過マンガン酸カリウム各)を規定量計量、注入した後、オイルバスにより、摂氏100度で30分間加熱反応させ試料中の被酸化性物質を酸化させます。 加熱分解後、再び試薬(シュウ酸ナトリウム)を注入します。これにより未反応の過マンガン酸カリウムと同等量のシュウ酸ナトリウムが反応して、シュウ酸ナトリウムの過剰分が残ります。これを過マンガン酸カリウムで逆滴定します。過マンガン酸カリウムを少しずつ添加し、等量点になると酸化還元電位が急変し、滴定終点が検出されてそれまでの滴定量からCOD値が求められます。COD値の記録と反応槽の洗浄を行い工程終了となります。
 
標準仕様
項 目 内 容
測定方法 摂氏100度硫酸酸性過マンガン酸カリウム法
添加方法 添加法、無添加法切替式
測定範囲 0~100ml 1段希釈式
測定結果 JISに基づくCOD算出式 mg/l 直読
検出方法 酸化還元電位差滴定法
再 現 性 1段希釈式  ±3%F.S.
計量方式 ON式エアー吸引ビュレット方式
滴定方式 電動ビュレット
測定周期 1~24時間の1時間単位 任意設定
測定値出力 DC4~20mA(400Ω以下)
外形寸法 W740㎜×H1750㎜×D800㎜
重 量 約230Kg
電 源 AC100V 1KW
 
ダイジェスト版PDF
Copyright (C) 2009 ON Sogo Denki Co.,Ltd. All Rights Reserved.